鳥獣人物戯画

鳥獣人物戯画

鳥獣人物戯画
Chojujinbutsugiga

国宝 平安・鎌倉時代 4巻 紙本墨画

甲巻:縦30.4cm 全長1148.4cm
鳥獣人物戯画

(甲巻 巻頭)谷川で水遊びをする兎、猿、鹿を描く。

鳥獣人物戯画

(甲巻 部分)左に倒れた蛙を描き、右に下手人の猿を追う蛙と兎を描く。

高山寺を代表する宝物である。現状は甲乙丙丁4巻からなる。甲巻は擬人化された動物を描き、乙巻は実在・空想上を合わせた動物図譜となっている。丙巻は前半が人間風俗画、後半が動物戯画、丁巻は勝負事を中心に人物を描く。甲巻が白眉とされ、動物たちの遊戯を躍動感あふれる筆致で描く。甲乙巻が平安時代後期の成立、丙丁巻は鎌倉時代の制作と考えられる。鳥羽僧正覚猷(かくゆう、1053〜1140)の筆と伝えるが、他にも絵仏師定智、義清阿闍梨などの名前が指摘されている。いずれも確証はなく、作者未詳である。天台僧の「をこ絵」(即興的な戯画)の伝統に連なるものであろうと考えられている。

鳥獣人物戯画 鳥獣人物戯画

(部分)兎と蛙が猿を追う。仰向けに倒れた蛙の騒ぎに狐もよってくる。

鳥獣人物戯画 鳥獣人物戯画

(部分)崖の上から鼻をつまんで飛び込む兎。鹿に乗る兎と水をかける猿。

乙巻:縦30.6cm 全長1189.0cm

甲巻では擬人化された動物が描かれていたのに対し、乙巻では実在・空想上の動物が写生的に描かれる。
写真は獅子を描いた部分。左に見えるのは青龍である。

鳥獣人物戯画
丙巻:縦30.9cm 全長933.3cm

丙巻前半には人間が登場する。上図(巻頭)は、囲碁に興じる僧と稚児に続き、賭双六の模様が描かれる。
賭に負けた男は裸になっている。下図は耳引きと首引きの場面である。他巻にくらべ繊細な筆致を見せる。 後半では、甲巻と同じく擬人化された動物が描かれる。

鳥獣人物戯画 鳥獣人物戯画
丁巻:縦31.2cm 全長1130.3cm

丁巻は、人間のみで構成され、勝負事に挑む姿が多く描かれる。写真は巻頭部分で、侏儒(しゅじゅ)の曲芸に続き、
修験者と法師が験を競う場面。軽妙な筆運びが特徴的である。

鳥獣人物戯画
  • 鳥獣人物戯画

    (部分)裹頭(かとう)で頭と顔を覆った法師たち。

  • 鳥獣人物戯画

    (部分)曲げ物の上で楽しげに舞う侏儒。

明恵上人 明恵上人 鳥獣人物戯画 鳥獣人物戯画 日本最古の茶園 日本最古の茶園

拝観料・拝観時間

拝観時間

8:30~17:00

石水院 拝観料

800円
※紅葉時期のみ 入山料500円

駐車場

50台
※11月のみ有料

ページトップへ